森の小径

rokoko18.exblog.jp
ブログトップ

ジェイン・エア


古典文学 の 「ジェイン・エア」を紹介します。
a0071486_23152766.jpg


題名を聞いたとき、かつての聞き覚えがありましたが、内容は記憶にございまんせので
映画で見たのかもしれません。

この本の翻訳者の小尾芙沙(おびふさ)さんは
TVで放映され一躍有名になった「アルジャーノンに花束を」も翻訳された方です。

私の大先輩のFさんのお友達で、常々小尾さんのことをお聞きしているので、
とても、身近に感じて少しでも多くの方に読んでいただきいと思ったからです。

なにぶん、長編小説 しかも19世紀のお話でとっつきが悪いかもしれません。
今、娘が途中まで読んでいますが、どんどんジェイン・エアに惹かれていってるようです。

やはり、長い間読まれ続けている古典作品は、現代社会にもきっと何か合い通じるものが
心の中に残ることと期待しています。

DVDもありますが、読んでから見ましょう~~

小尾氏は御歳75才(すごいバイタリティーですよね!私はブログを書くのに四苦八苦なのに)
是非、現代の若者に読んでもらいたいとのことです。
[PR]
by sakkae | 2007-01-04 00:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rokoko18.exblog.jp/tb/4936837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。