森の小径

rokoko18.exblog.jp
ブログトップ

びわの葉 そばの花

ヨガの先生(79歳)からびわの葉について、お話を伺いました。
 
 びわの葉 (洗わずに拭くだけ、下の方の厚い葉)・・・・・120g

 ホワイトリカーor焼酎 ・・・・・1.8L

 夏は2ヶ月、 冬は4ヶ月 瓶に浸けておくと、エキスがでて茶色の液体になる。

 うがい薬、湿布薬、かゆみ止めなどになります。


***このびわの葉はすでに、実家の母が作ったのを使ってますので
     効き目はもう経験済みです。「びわの木を屋敷内に植えるな!」と言うのは、
     迷信のようです。
     すっかり忘れていた3年前のびわの葉のエキスを見たら、半分ほどに減っていて、
     すごく濃いこげ茶色をしていました。小瓶に移しておきました。

昔の人の知恵は、これからも受け継いでいきたいものです。

a0071486_15522669.gif


9月半ばにお蕎麦屋さんでもらったそばの種をMy花壇にばら撒いておいたら、茎が赤くなり、
1ヶ月ほどで、ピンクと白の花が咲きました。
a0071486_15562620.jpg
a0071486_15571553.jpg


この写真をプリントアウトして持っていくと、年越しそばがもらえるそうです。
[PR]
by sakkae | 2006-10-31 15:57 | 習い事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rokoko18.exblog.jp/tb/4604724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。