森の小径

rokoko18.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:健康( 9 )

季節かわり

朝夕は急に昨日から涼しくなり、夏と秋が同居してるようです。

3~4年前にアスファルトの割れ目から芽をだしていた(酔芙蓉)がやっと花開きました。
朝は真っ白なのに夕方みるとピンクに変化してました。
お酒をのんだように赤くなるので酔芙蓉と名づけられたようです。
a0071486_19161915.jpg

孫が幼稚園で赤とんぼのお唄を口ずさんでました。
いつもは見過ごしているのに、実物をみせてあげようと籠にいれておきました。
a0071486_1917240.jpg


午後出かけた奈良公園のいちょうもほんのり黄味がかり、風がさわやかで汗もかかず
やっと、すごしやすくなってきました。

主人はクリスマスローズの苗の植え替えをはじめました。
何百?あるのか気が遠くなります。
丁寧に古い土を落とし根をほぐし、何種類もの土を配合して一回り大きなポットに
植え替えてます。
秋は衣替え、観光、行事、いろいろと忙しいですね
[PR]
by sakkae | 2011-10-02 19:30 | 健康 | Trackback | Comments(0)

ボランティア

4月に入ってなかなかブログ更新できませんでした。
市議会議員選挙の支援活動(主にお料理担当)を依頼されお花の写真を撮る間もなくて
とっても迷いましたが・・・・(貢献できることが自分自身への励みとなったようです。)

まず、1週間分の献立表を念密に立て無駄のないよう考えたつもりです。

(友人、家族、主治医が無理をするなと言われましたが・・・・、)なんとかこなすことができました。

50歳のサラリーマン立候補者は昨日
人と人との繋がりが大きな力となり追い風に乗り無事初当選されました。
[PR]
by sakkae | 2011-04-25 20:02 | 健康 | Trackback | Comments(0)

ベビークーハンの大智

生後1週間で優衣の風邪がうつり痰のからんだ咳をして、
苦しそうな表情をしていましたが、
やっと、元気を取り戻して母乳だけでは足りなくなりました。

ベビークーハンに寝かせて写真撮影をしましたが
a0071486_222212100.jpg


大きくブヨブヨしてたのが絞まった?感じになってきました。
[PR]
by sakkae | 2010-01-13 20:53 | 健康 | Trackback | Comments(2)

初めましてBigなベービー

昨日12月23日 天皇誕生日に娘夫婦の第2子が誕生しました。

ママのお腹の居心地が良かったのか予定日より8日も経過して、
ずいぶんヤキモキさせられましたが、
普通分娩で産まれました。

体重が なんとご立派・・・4150g
身長・・・・56.5cm

骨格のがっちりした男の子です。
命名・・・・大智(だいち)

北大の研究所で働くパパさんがクラーク博士の大志と
ママの智恵の一文字を合わせ 大きな智 ということです。
a0071486_2315262.jpg


これから、二人の子どもに恵まれたことを感謝して
夫婦仲良く幸せな家庭を築いてくれることを願うばかりです。

Moreホリホックの花
[PR]
by sakkae | 2009-12-24 08:57 | 健康 | Trackback | Comments(6)

希望の光

       パーキンソン病が発症する仕組みの一端を解明
「sept4」と呼ぶたんぱくが減少、発病の引き金になることを突き止めた。

このsept4を完全に失うと症状が一段と重くなったり病気の進行が速くなったりした。

同時に別のたんぱくの構造が沈着するよう変化し、神経細胞が死にやすくなっていた。


重合性GTPaseセプチンの構造・制御機構・生理機能の解析

 セプチンは酵母からヒトまで保存されたGTP結合タンパク質ファミリーです。
ヒトでは12種類のセプチン遺伝子に由来する多数のタンパク質が種々の 組み合わせでフィラメント状複合体を構成し、そのフィラメントがさらに自己 集合性によって独特の高次構造を形成します。
私たちのグループは細 胞膜直下、シナプス小胞上およびアクチン線維束上に局在するセプチン高次構 造体を発見・解析してきました。
セプチンは微小管系/中間径フィラメント系 /アクチン系に次ぐ第4の細胞骨格系を構成し、アクチン系や微小管系と協調 して細胞質分裂や小胞分泌などにおいて細胞膜形状の制御に関わることが知ら れています。
一方、セプチン遺伝子が転座している白血病・リンパ腫の症例 や、セプチン遺伝子が増幅ないし過剰発現している固形腫瘍が多数報告され、 腫瘍の発生や進展との関連が注目されています。
さらに、アルツハイマー病や パーキンソン病などの神経変性疾患におけるセプチンタンパク質の異常凝集・ 沈着は私たちが独自に取り組んでいる重要な問題の1つです。
しかし、セプチ ンが重合・形状変化・脱重合する機構、また他の細胞構造との関係など基本的 な性質が不明であるため、組み換えセプチン複合体によって高次構造体を試験 管内で再構成する手法を開発しました。
加えて、生化学/プロテオミ クス的手法、細胞生物学的手法、電子線構造解析手法を駆使して、アクチン系 /セプチン系/脂質2重膜から成る複合超分子構造の性質を明らかにしていき ます。
a0071486_0113012.jpg


**難しいことは、研究者におまかせして、希望を抱いて日々の生活を楽しめるかと・・・・
新聞の活字に反応し切り抜いておきました。

[PR]
by sakkae | 2007-02-18 00:05 | 健康 | Trackback | Comments(0)

シニアヨガ講演

今日は、いつも教えて頂いてるシニアヨガの大先生(80歳?)の講演をお聞きしてきました。
 とても、わかりやすく具体的な内容でした。

長年培ってきた生活習慣を変えるのは自分の努力が必要!!

  ・伝統医学(アーユルベーダー)・・・・・毒素を体外に排泄する
                          皮膚の役目は肝臓の4倍の解毒作用
  ・ホリスティック医学・・・・病原菌に負けない体を作る

 *健康は、時間をかけて、体全体を考えてよくする。

 *疲れる体は活動したら、休息をとる。

 *よく考えて、客観的に行動する。

 *咬口をしっかりする。

 *何でも続けること、種差選択が大切

↑は特別なことではなく、少し注意すれば誰でもでき、理に適ったことばかりです。

まず呼吸法をマスターし、マインド、ボディー、スピリットの調和で健康な体を作りましょう~~
a0071486_23263463.gif

       食べ過ぎは禁物ですよ!↑ 

夜間ウォーキングで夜露をあびるより、朝露のある大地の気を素足で足踏みしていただく

平均寿命はのびていますが、健常者はその内どのくらいなんでしょう?

介護保険のお世話にならないよう、今から生活習慣、を見直してみましょう~~
[PR]
by sakkae | 2007-01-30 23:42 | 健康 | Trackback | Comments(0)

アンジェスMG

アンジェスMGとは、大阪府茨木市にあるバイオベンチャーの会社名です。

私は、この名前を1年半前に初めて聞いて、ず~~っと注目してきました。

今朝の日経の1面記事に 株主とはで紹介され、 もうけより大切なこと

損得ずくだけでない株主の投資観が芽吹こうとしている

環境にやさしい会社、社会貢献に熱心な会社に投資する・・・SRI


   <アンジェスの社長 森下さんのブログより>a0071486_2236197.jpghttp://blog.m3.com/yomayoi/20070121/3


難病患者が待ちわびていた薬を自社販売にこぎつけたそうです。

中国新聞の昨年末の記事

ムコ多糖症に光明 '06/12/21

--------------------------------------------------------------------------------

ムコ多糖症をご存じだろうか。分解酵素が先天的に欠け、臓器の機能不全や骨の変形などを引き起こす進行性の難病で、患者数は国内で二、三百人とも約千人とも推定されている▲今月、患者や家族にとって朗報があった。七つある病気の型のうち、I型の治療薬が保険適用の薬剤として販売され始めたことだ。それをわがことのように喜ぶ人が福山市にいる。日本ムコ多糖症親の会相談役の村田修二さん(60)▲娘さん(30)の病気をきっかけに二十年前から親の会の組織化に奔走、勤め先の市役所も早期退職した。親の会会長として大学の研究者や医師らと国に訴え続け、二〇〇一年、難病指定を実現させた。八家族で発足した会は現在、百六十五家族の全国組織に育った▲しかし「根本的な治療法は見つかっていない。やっと一筋の光明が見えた段階」と村田さん。治療薬もI型以外は、日本ではまだ認められていない。国内に四人だけというVI型と診断された、総社市久代のXXちゃん(5)の場合は深刻だ▲米国で承認された酵素製剤を十一月から週一回、岡山市内の病院で投与を始めた。日本では未承認のため個人輸入で取り寄せざるを得ず、費用は毎月四百二十万円かかるという。地域の人たちの善意の募金が支えだ▲実はもう一つ光明がある。十九日に閉会した臨時国会の衆参両院の委員会で、治療薬の承認を急ぐべきだと質問が出た。国も迅速化を図る考えを示した。ぜひ実行してほしい。
[PR]
by sakkae | 2007-01-26 22:05 | 健康 | Trackback | Comments(0)

プロフェッショナル

茂木健一郎  クオリア日記 

プロフェッショナルが、午後10時からNHKで放送されます。
脳科学、脳神経外科、脳神経内科もどれも頭の中は今まで未知の世界のようでしたが、
21世紀は、まさに脳科学ルネッサンスと、茂木氏は名づけています。

脳の神経細胞の活動によって、意識などというものが生み出されるのか?

研究者ですら、根本原因はいまだに、知らない。

脳神経患者の方が自分の変化に気づき、症状がいつ、どのように起きるのか詳しく説明できるかもしれません。

まあ~それは、口では説明しがたいし、患者が医者になったり、研究することも困難でしょう。


今からTV見ます。また、後で感想を・・・・・

プロフェッショナル 仕事の流儀 上山博康
第26回

医者は人生を手術する

〜脳神経外科医・上山博康〜


>真剣に、一言、一言、上山先生の涙混じりの言葉を復唱しながら、

医師と患者とのあり方、信頼感

命がけの真剣勝負は、これぞプロフェショナルだと感動して見てました。

全国から旭川の上山医師に、人生の全てを託して手術に挑む人は、治そうとする意識のある方

それをどうにかして治してあげようとしている医師の姿・・・4時間しか眠らず、研究される紙袋の脳外科医

しかし手術で治せない人はどうしたらいいのでしょう~
[PR]
by sakkae | 2006-09-14 21:43 | 健康 | Trackback | Comments(0)

最新医療

どんどん高齢化が進む時代の最新医療が変わりつつあるように感じます。
制度が変わったのは医療保険適用の「療養」病床で慢性病の高齢者は医療報酬が下がってしまうから介護保険側に移されることになります。
つまり、医療費抑制のため 病状の軽い人は在宅療養を推進する方針です。
昔のように大家族で暮らしていれば、家族の負担も軽減されるけど、核家族ましてや一人暮らしの人は今後どうなっていくんでしょうか?これからの老人大国日本の先行きは難航するでしょうね。

****末期癌患者の在宅介護
 在宅医療の自己負担分医療費は、症状が落ち着いていれば、月6000円程度(1割負担)で、医師は月2回程度訪問診療する。「課題は家族の受け入れ体制が整っているかどうか」と舩木医師は指摘する。在宅医療を支えるスタッフの確保やシステム整備もまだこれからだ。

****在宅医療の推進
 社会的入院の受け皿として、政府が医療制度改革の柱に据えている。在宅での看取りを増やすため、今春の診療報酬改定では、在宅療養支援診療所を新設、質が担保された往診・緊急受け入れ体制に手厚い診療報酬がつけられた。
(2006年5月30日 読売新聞)
a0071486_12353034.jpg

その反面 次世代ゲノムの研究開発には、企業と大学がプロジェクトを組んで莫大な金額を導入しているようです。難病患者にとっては待ちわびる研究ですが、果たして、そこまでする必要があるのか?全ての病気がなくなれば誰も死ねなくなり、また違う問題が・・・・・
今日は ちょっと難しいブログになってしまいました。
[PR]
by sakkae | 2006-07-10 12:29 | 健康 | Trackback | Comments(0)